欠損歯の治療(インプラント・ブリッジ・入れ歯)

歯が抜けた・無い時の治療について

ブリッジについて

ブリッジとは

ブリッジとは歯が虫歯や歯周病などでなくなってしまった歯の部分のスペースを、両端の歯を土台にして金属やセラミックの素材から出来たもので埋めます。ブリッジは患者様それぞれのお口の中の状態を診て、それぞれに合ったブリッジを作成します。残りの歯が少ない場合には特に、食べる時などに両端の歯に負担がかかりますので、残りの歯のことも考えて無くなった歯の治療を考えます。

ブリッジをしたら、毎日綺麗に洗浄して清潔に保ってください。

    メリット
    • 歯と歯の間に固定するため、違和感があまりない
    • 自費のものもあり見た目の仕上がりが選べる
    デメリット
    • 発音が難しくなることがある
    • 歯の抜けた部分が必要とされなくなり、そこの骨が痩せていく場合がある
    • ブリッジを固定するために、周りの健康な歯を削る必要がある。
    • 口の中が不衛生になりやすい

    入れ歯について

    入れ歯とは

    入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、どちらも失った歯の代わりとして使用する取り外し可能な機器です。無くなった歯の状態によって入れ歯の種類を決めていきましょう。保険適応で入れ歯は作成できますが、フィット感や審美性を考えて自費の入れ歯にすることも可能です。無理に自費をおすすめすることもございませんので、ご気軽にご相談ください。歯を取り戻すことによって口を開けて笑えるようになります。

    入れ歯での生活は最初食べたり話したりに違和感があり、難しいかもしれませんが、慣れてくれば普段と同じように生活することが出来ます。今後についてもアドバイスさせて頂きますのでご安心ください。

    また、入れ歯を良好な状態に保つために毎日欠かさず洗浄してください。

      メリット
      • 金属がかみ合う部分以外、健全な歯をほとんど削らなくてすむ
      • 簡単に治療を受けることができる
      デメリット
      • 保険の入れ歯は金属が見える
      • 噛むときにうまく力がかからないことがある
      • 装着時に違和感がある場合がある
      • 発音が難しくなることがある

      インプラントについて

      インプラントとは

      インプラントとは失った歯の代わりに歯茎に土台を埋め込み、その上からセラミックなどの素材でかぶせる方法です。インプラントはまるで自然歯(天然歯)のような外見から、入れ歯やブリッジにはない審美性や、歯茎に歯を埋め込んでいるフィット感から自分の歯で食べている感覚を得ることが出来るというメリットがあります。

      ただし、インプラントは誰にでも適応するものではなく、歯周病の具合を見て歯ぐきが十分に健康かどうか、顎の骨がインプラントの土台を埋め込めるくらいに十分に強いか厚みがあるかどうかを診て、埋め込めると判断した場合にインプラントでの治療を受けることが出来ます。

      また、歯が抜けてしまう原因として多いのが歯周病で、インプラントもこの例外ではありません。インプラントを長持ちさせるためにも、定期的なメンテナンスを受けて頂くことをお勧めします。

        メリット
        • 健康な周りの歯を削る必要がない
        • 自分の歯と同じような感覚で食事が出来、食べ物の味や感触がよくわかる。
        • 顎の骨が痩せずにすむ
        デメリット
        • 手術が必要
        • 他の疾患がある場合手術できないことがある
        • 歯茎、あごの骨が十分なことが条件

        宝塚市の歯医者はこちら
        アゼリア歯科クリニック

        Tel.0797-77-8888 Web予約 無料相談
        一番上に戻る

        うれしい情報をLINEでお届け LINEはじめました(mhw2826n)LINEの友達検索からID検索で登録してね♪ 友達になってくれた方には歯ブラシをプレゼントうれしい情報をLINEでお届け LINEはじめました(mhw2826n)LINEの友達検索からID検索で登録してね♪ 友達になってくれた方には歯ブラシをプレゼント